会長あいさつ

つながりを力に

 

 日頃は町会・自治会活動にご協力とご理解をいただき感謝申し上げます。

 さて、協議会では福生市行政の円滑な運営に資するべく、回覧・ポスターによる情報連絡・市民の安全のための防犯・防災活動や環境美化のための資源回収など多様な活動を町会・自治会にお願いしております。しかしながら、町会・自治会運営に諸課題もあります。

 ①加入率の伸び悩み
加入世帯の高齢化、同居率の低下、共働きのため地域活動に参加する余裕がない若い世帯の増加、集合住宅の増加等の理由により旧来の地縁をベースにした運営のみでは活動が難しくなっています。

 ②新しい世帯のライフスタイルの変化
市民の多くが、住みやすく、子育てしやすいまちとして評価が高く、定住意識もあるが、行政サービスで日常に支障がないため、近隣相互の繋がりや地域組織(町会・自治会)がうまく機能しない。むしろ、スポーツ・学び・趣味・健康・子どものつながりなどを通したコミュニティ活動に移行しつつあります。
このような環境の変化なかで、町会活動の内容をうまく伝えられているか?地域の人に身近に感じてもらえているか?が肝要となります。

 しかしながら、町会は今後とも、災害に遭遇したとき、地域の人の顔のわかる関係、そしてあなたを想ってくれる人が地域に必ず居る、そんな風土を皆さまに寄り添いながら作り上げられるよう今後も活動してまいります。

 

 

 

平成29年5月31日      

福生市町会長協議会  
会長  持田 洸