福生市町会長協議会websiteご近所で 手を取り合って 助け合い

TOP  >  活動報告  >  f-kyodo  >  事務局より  >  地域活動支援アドバイザー派遣事業が開催されました。

f-kyodo さんの日記

 
2016
9月 12
(月)
17:07
地域活動支援アドバイザー派遣事業が開催されました。
本文
 9月3日(土)、地域活動支援アドバイザーの坂本千晴氏を講師に迎え、「町会・自治会活動を担う人材の確保・育成」をテーマに都主催のシンポジウムが開催され、町会長や町会役員の方約30名が参加しました。
 町会・自治会の抱える悩みとして、加入率の低下、若い人が参加しない、役員の高齢化や担い手不足などがよく聞かれますが、残念ながら解決する特効薬はないそうです。 しかし特効薬にならないにしても、解決に近づける方法はいくつかあります。その中でも比較的ハードルが低く、取組みやすいものに、町会組織を維持・発展させるための人材の確保があるそうです。
 昨年実施した福生市世論調査では、ボランティア活動に参加したいと前向きに考える人が約6割もいますが、「時間がない」、「きっかけがない」という理由から活動していないのが現状だそうです。その人たちに向けてどのように想いを伝えるか、実際に参加者同士がペアワークをして、伝えることの難しさを感じ、相手の立場に立って話す工夫が大切であることを体験しました。
 その後のグループワークでは、夏祭りを例に、やるべき仕事を列挙し、どの仕事だったら役員以外に任せられるかを各グループで話し合いました。今まで役員のみでやっていた仕事を他の人に任せてみることで、役員の負担軽減、役員以外の人の主体化=人材の確保、育成につながっていくそうです。  発表の中で、新しい気づきがあったという意見もあり、今後の町会・自治会活動のヒントが得られたシンポジウムとなりました。





閲覧(1558)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。