福生市町会長協議会websiteご近所で 手を取り合って 助け合い

会長あいさつ

支えあう 助けあう 地域

 日頃より町会・自治会の運営に対しての皆様方の御理解、御協力を心より感謝申し上げます。

 私はこの度、福生市町会長協議会で二期目(令和三・四年度体制)の会長に就任いたしました。コロナ禍での会長再任、責任の重大さを感じ、新たに気を引き締めて任務に取り組む所存でございます。何卒宜しくお願い申し上げます。

 さて、御承知の通り今、世界中が深刻な状況になっています。出口の見えない「コロナ禍」というトンネルの中で、人々は悶え苦しみ、これまで多くの尊い命が奪われております。このような状況下で、新型コロナウイルス撲滅に我が身を投じて日々医療に従事している医療関係従事者の皆様に、心より敬意を表すと共に感謝とお礼を申し上げます。

 また、新型コロナウイルスは同時に日本国経済をも大きく揺さぶっています。自粛自粛で、様々な商売も制限され、死活問題に発展しているのが現状です。昨年、オリンピックが延期となり、各種イベントも中止や延期が余儀なくされてきました。私達市民も、このような過去に経験した覚えのない事態に困惑しています。「もう散々です。勘弁してほしい。」が私達の声だと思います。新型コロナウイルスの早期収束には、行政の皆様のより一層的確な判断と、強い指導力に期待が高まっていると感じます。

 私達、福生市町会長協議会は、このコロナ禍の長いトンネルを抜けるため、今後も行政と一体となって全力で頑張ってまいります。出口のないトンネルは造ってはなりません。自粛の成果が表れてきたように思いたいです。あとひと頑張り、早く元の生活に戻しましょう。

 
 

 

令和3年5月        

福生市町会長協議会  
会長  清水 喜久雄

 

プリンタ用画面
カテゴリートップ
町会長協議会より
次
町会長協議会とは